ボロフェスタ速報ブログ

ボロフェスタオフィシャルカメラ・ライターたちがボロフェスタ2016にまつわるあれこれをレポート

ボロフェスタの締めくくりは、銀杏BOYZ(弾語り)

完全に日も暮れた21時。

予定時刻を10分ほど過ぎて今か今かと熱気の上がった会場でボロフェスタ2016 最後のステージは幕をあけた。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030225429j:plain

1曲目は「光」

弾き語りではアルバムでの印象と違い、歌詞をダイレクトに感じる。

中には泣き出すお客さんも。

 

そして往年の名曲といえる 

「若者たち」

「べろちゅー」

 

「歌ってもらっても、踊ってもらってもいい、好きに楽しんでほしい」そんなMCに応えるように会場が一体になって、今夜だけのステージを創り上げていく。 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030225428j:plain

そして、NHKのドラマ「奇跡の人」のEDとして一躍有名になった

「骨」

 

MCでは町のおばあちゃんとのエピソードを披露し、会場を沸かせた。 

 

そして

「なんとなく僕らは大人になるんだ」

「BABY BABY」

 

そしてギターを置き、「ぽあだむ」

 

ステージを縦横無尽に歩き回る峯田。

「少しでも近づきたい」そんな思いからか前列はもみくちゃに。

そんな中で一人の観客が峯田に一輪のバラを。

 

オーディエンスからの想いにこたえるようにバラをくわえ、歌う峯田。

彼は舞台を降りるまでバラを手放すことはなかった。 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030225419j:plain

 

峯田が舞台を降りてからは誰からともなく「やるならいましかねぇぜ」コール

鳴り止まないアンコールにこたえるように峯田はもう一度ステージに。

 

「愛してるってゆってよね」 を披露。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030225435j:plain

「どんな汚い手を使ってでも生き延びてください」そんな言葉を投げかける峯田は

「ボロを纏えど、心は錦」そんなボロフェスタの由来にふさわしいアーティストだったと、強く感じた。

 

ありがとう、峯田。

 

こうして2016年のボロフェスタは幕を下ろした。

また、来年。