ボロフェスタ速報ブログ

ボロフェスタオフィシャルカメラ・ライターたちがボロフェスタ2016にまつわるあれこれをレポート

京都と音楽を称える、憧れを昇華したパワーポップ。ナードマグネット

イースタンユース見たかったぁー!」

と、このフェスを楽しみにしていた気持ちをぶつけて始まった。

 

大阪発の日本語パワーポップバンド・ナードマグネット

pluto」で、いきなり観客の多くの手が挙がる一体感があった。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030204254j:plain

 

「C.S.L」「恋は呪い」を続けて演奏。どんどん取り込まれていく空間。

ボロフェスタ初参戦で、そうそうたるメンツに少し驚いたそう。

例えば、須田(Vo.)のヒーロー、イースタンユース・吉野氏が

ふらっと屋台にいたりする。それが、ボロフェスタの醍醐味。

 

青春の音楽が、銀杏BOYZイースタンユースと挙げたところで、

大学時代の自分を救ってくれたという

「モーション・シティ・サウンドトラック」の話をした。

 

赤裸々な身の上話で会場の空気をやわらかくした後に、

バンドのトリビュートアルバムで参加した「This Is for Real」を演奏。

続いて「ウェンズデイ」でさらなる熱気を会場に。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030203641j:plain

 

「暑い!照明直撃で軽い岩盤浴デトックスできれいになろう!」

MCでまた温かくなり、あらためて音楽のヒーローについて語った。

 

「ミュージシャンとして同じ空間に立てていることを誇りに思う。」

「京都の音楽シーンは流行ではなく、本当にいいものを呼ぼうとしている風土がすごくいい。」

ボロフェスタの存在意義の一部を、心から称えていた。

 

「Mixtape」この夜の盛り上がりは、アンダーグラウンドSTAGEの空間を

観客の挙げる手の量ですっぽりと埋めてしまった。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030203342j:plain

 

「最高の一日にしましょう!」と言葉を添えると、

ナードマグネット本日最後の曲「ぼくたちの失敗」へ。

 

最後まで、残る力を振り絞るように熱狂する。

曲を終えて、ありがとうに加えた一言は

銀杏BOYZを観に行こう!」

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030203511j:plain

  

フロアは、気持ちよく揺れる。親近感とキャッチー。

楽しくなるメロディーに酔うライブとなった。