ボロフェスタ速報ブログ

ボロフェスタオフィシャルカメラ・ライターたちがボロフェスタ2016にまつわるあれこれをレポート

青春と音楽の共有、絶対的な一体感。忘れらんねえよ

観客席の後ろから、サプライズ登場!

ワタリドリのように、人の波に乗ってクラウドサーフ。

ステージにたどりつくと、客席から手拍子が自然と起こる。

 

コール&レスポンスでさらにムードは高まり、

「ばかもののすべて」の気持ちのよいメロが流れる。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030150727j:plain

 

青春を思い返すことのできる高なるボーカル。

「犬にしてくれ」「ばかばっか」では

自分のすべてをあらわにするかのような演奏表現。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030150721j:plain

 

観客と共に、様々な変化を生んでいく。

「ステージをつくっているのは、俺らとあなたたちで、

それは綺麗ごとじゃなくて。」と想いを伝えた。

 

観客と共につくる気持ちを前面に出したライブパフォーマンスは

ビールを飲むために、ロックな力を使ったクラウドサーフ。

そして、中央で高くフロアに立つ。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030150714j:plain

 

その姿は、このライブの一体感を形として見せたものだった。

 

さらに、煽り続ける!最高に盛り上がると「ありがとう!」と感謝。

 

「バンドやろうぜ」、新曲「俺よ届け」「この高鳴りをなんと呼ぶ」

音楽を楽しむ気持ちの共有感は、すごくすごく強い。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030150725j:plain

 

最後の曲「忘れらんねえよ」では、ケイタイをペンライト代わりに

左右に揺れる光の粒が綺麗に波打っていた。

 

合唱、そしてジャンプ。カッコいいロックンロール。

最後まで、忘れらんねえよは、

京都に集まった音楽好きの観客と、ひとつだった。