読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボロフェスタ速報ブログ

ボロフェスタオフィシャルカメラ・ライターたちがボロフェスタ2016にまつわるあれこれをレポート

秋の夜長に甘くせつない極上の歌を召し上がれ。スカート。

どすこいステージのトリを飾るのは、だれよりも土俵が似合う(?)この男、スカート!

今年はアルバム「CALL」のリリースにはじまり、スピッツ「みなと」への参加、そして「口笛のお兄さん」としての某音楽番組への出演による反響など、話題に事欠かなかった彼。

そんな彼の音楽を楽しもうとリハーサルの段階から観客が押し寄せ、なんと入場規制がかかるほどの盛況に!!

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161029212411j:plain

 

本日はバンド編成ではなく、ひとりでどすこいステージに登場した彼。

ペールグリーンのキュートなギターを抱え、「おばけのピアノ」、「ストーリーテラーになりたい」を披露。

クリーントーンのギターにぴったりな、スモーキーな歌声でセンチメンタルなメロディを彩り、観客の胸をゆっくりと甘く締め付ける。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161029212516j:plain

 

「自分のターニングポイントのひとつ」と語る「ワルツがきこえる」のあとは、

4月にリリースされたアルバムの表題曲、「CALL」。

まるでひとつの映画を見ているかのような気分にさせてくれる彼の歌を聞いていると、

想い人に思わず急に電話をかけたくなるようなロマンチックな気持ちに包まれる。

続いて、ギターのカッティングがセクシーなソウルナンバー「回想」で、会場を沸かす。

本編の最後は、11月23日に発売されるメロウな1stシングル、「静かな夜がいい」。

深まる秋の夜に寄り添うアダルティな雰囲気に酔いしれる。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161029212520j:plain

 

アンコールで舞い戻ってきた彼。「もうほとんどやりたいことはやってしまっていて・・・。何かリクエストありますか?」と観客に要望を募ると、「スニーカーぶる~す!」という声が。

「歌詞を間違えたらごめんなさい」と言いながらも、完璧に歌い上げられたマッチの大名曲に、会場も大盛りあがり!!

さらに「今度は先輩の曲を・・・隣(クラムボン)のステージと被るかな・・・」というMCを挟み披露されたのは、岡村靖幸の「カルアミルク」!!!

嬉しいダブルサプライズに観客の心も踊りっぱなし!

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161029212454j:plain

 

『カヴァーばっかりしてると、通りがかった人に「ああ、そういう人なんだ・・・」という目で見られるから』と、アンコールの最後は自身の曲、「シリウス」。

ずっとこの時間が続けばいいのに、と思わず感じてしまうような、

最後の一音までいとおしくなる歌で、ボロフェスタ1日目どすこいステージを締めくくった。