ボロフェスタ速報ブログ

ボロフェスタオフィシャルカメラ・ライターたちがボロフェスタ2016にまつわるあれこれをレポート

ボロフェスタを称える、最高潮の中のパフォーマンス。あっこゴリラ

本日、2回目となるあっこゴリラのパフォーマンス。

先ほどのアンダーグラウンドSTAGEから変わり、

土俵のあるどすこいSTAGEに。

 

集まってくるオーディエンスを煽りながら、

リハの流れを止めずにスタート。

衣装も変わり、さらに過激になりそうな予感をさせる。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161029221700j:plain

 

「土俵に上がってこいよ!」「2回目、好き勝手させてもらうぞ!」

一層気が入っているように見えた最中、肩車されて

真ん中を突き抜けて後方の観客のところまで現れる。

 

「ゴリラになれ」とコール&レスポンスを求める。

その気持ちのままに黄色いタオルを振りまわす。

「イエローイェーイ!」のコールで煽っていく。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161029221707j:plain

 

ステージの横のホールから流れてくる多くの観客で

大混雑になる。その中で、パフォーマンスの盛り上がりは伝わり、

流れる人々がひとり、またひとりと立ち止まり巻き込まれていく。

 

「シンゴリラ」が始まる。その前のコトバ。

「おまえらには、とんでもない力が眠っているんだ。呼び起こせ!」

「自分の生まれ育った街に誇りを持っていこう。」

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161029221706j:plain

 

両手を振り上げ、京都を愛する人々がつくりあげた

このボロフェスタを称えるように盛り上げていく。

 

ノリはこの時点で最高潮。また少しずつ、そして少しずつ増えていく。

「遺書」「向井さん」を終えた後、最後の曲でサプライズゲスト。

下ネタのナポレオン「クリトリック・リス」とのフリースタイル対決。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161029221715j:plain

 

また一段階盛り上がり、沸点を超える。すでに、最高潮!

「楽しければなんでもいい」とこの盛り上がりを受け止めた共有空間。

最後に「ありがとうー!ボロフェスタ!」と言葉を残して、

サービス精神にあふれるパフォーマンスを終えた。