読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボロフェスタ速報ブログ

ボロフェスタオフィシャルカメラ・ライターたちがボロフェスタ2016にまつわるあれこれをレポート

夏の名残惜しさを山下秀樹が歌う

 

日も沈みあたりは暗くなってくる。

そんな時間に1人で喫茶マドラグの舞台に立つ。

夏への名残惜しい気持ちが強まる中で、切なく苦しい声で失恋ソングを歌う。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20160827185604j:plain

 

彼がMCでポロンポロンと鳴らすアコギの音さえも彼の作り出す空間の一部となる。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20160827185625j:plain

 

途中からサポートメンバーも加え、「夏の忘れ物」という新曲を披露。

夏の終わりは自分で決めるものだと語る彼の曲は、

この時期に開催されるナノボロフェスタにはもってこいの楽曲だった。