ボロフェスタ速報ブログ

ボロフェスタオフィシャルカメラ・ライターたちがボロフェスタ2016にまつわるあれこれをレポート

ナノボロフェスタまであとわずか! はじめてにもやさしい予習&当日のイベントを紹介!

お盆休みをいただいております、梶原です~。

ナノボロフェスタまで本当に、あとわずか! 来週、再来週(ナノボロフェスタ前日!)は、2本連続でインタビューをお送りする予定になっております。

つまり、今週で紹介記事は最後!最後なのにゆるゆるとお送りします。

 

 
 
会場は、ライヴハウス「nano」

烏丸御池駅、もしくは二条城前駅から徒歩数分。出口からまっすぐ歩いて、「西洞院通」のところで曲がって右手すぐです。どこがどの通りかは、ちゃんと看板に書いてあるので、上を向いて歩くべし。位置関係については、ナノの公式サイトの案内がとても丁寧なので、ぜひそちらを参照ください!かなり余談ですが、烏丸御池駅改札を出た先に、老舗パン屋さん「志津屋」があります。京都の人なら知らない人はいないといわれる名物パン「カルネ」が食べられますよ~! 観光のお供にどうぞ。

 

 
ナノボロフェスタは3ステージ!

ナノボロフェスタは、ライヴハウスだけが舞台じゃない! 3つのステージで構成されています!ライヴハウスnano」、nano2階のスポーツバー「ラクボウズ」、nanoを出て正面にある喫茶店「マドラグ」。各ステージで、どんな音楽が楽しめるのかわくわくしますね。

 

ライヴ以外にもお楽しみが!

ナノボロフェスタは、ライヴだけのイベントじゃない! 2日間を通して、面白いイベントも用意されています。1日目(29日)は、京都在住のライター・岡村詩野&富山在住SSW・ゆーきゃん&東京在住OTOTOY編集長飯田仁一郎による、「日本インディ・ミュージック・ガイド」。ローカルな音楽シーンの面白さを今一度、知ることができそうですね。虎を出せる等の噂も飛び交う(!?)「ミノウラヒロキ・マジックショー」も、何が出てくるか要注目ですね。

2日目(30日)は、好評企画「ナベプロ大喜利2015」。昨年大盛り上がりで、某ミュージシャンが嫉妬したとかそうでないとか。ボロフェスタ主催者の生インタビューが楽しめるHOW TO ENJOY BOROFESTA 公開インタビュー「場所が音楽を創る!」編は、京都のライヴハウスの店長たちが揃う、すごい企画! 前日の「日本インディ・ミュージック・ガイド」同様、”場所”がキーワードとなっているようです。

 

ライヴも、トークショーやイベントも合わせて楽しめる、夏の風物詩ナノボロフェスタ

今年も最高にかっこええフェスになると思います。

はじめてのひとも、そうでない人もぜひ一度お越しくださいね!

 

今週は以上になります、また来週~!