読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボロフェスタ速報ブログ

ボロフェスタオフィシャルカメラ・ライターたちがボロフェスタ2016にまつわるあれこれをレポート

【夜の部】人気トラックメーカーがはるばる京都へ。PARKGOLF。

 

札幌在住のトラックメーカー。海外からも注目されており、

はるばるやってきてくれた彼は初めましてのお客さんをも

踊らせることができる。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030202516j:plain

 

tofubeatsや泉まくらのリミックスも手がけたことがあり、

そんなトラックメーカー界での注目され続ける彼のプレイは圧巻。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030202514j:plain

 

立体的な音で会場が包まれ、

うっとりした表情を浮かべる女性たちも少なくなかった。

 

メトロの夜はまだまだ終わらない。

 

photo byアンテナ

http://kyoto-antenna.com

 

【夜の部】心も身体も音楽のままに。ナカシマセイジ(Alffo Records)

 

大阪のアナログレコードショップAlffo Recordsのオーナー/兼バイヤーである

ナカシマセイジ。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030202720j:plain

 

インディロックを中心に数々の音楽を大胆にミックス。

ボロフェスタのファンはナカシマセイジの流す音楽に身体をゆだねる。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030203400j:plain

 

お酒を飲みながらフロアで踊れる楽しさを改めて実感した。

ヒートアップする爆音、踊り狂うフロア!POLYSICS

ぶっちぎりのポップさ、カラフルサウンド!

いつものメンバーがステージに。

 

しかし、今夜は何かが違う…

ハヤシ(Vo.)が車いすでの登場!

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030191933j:plain

 

定位置に腰を据え、ギターを抱えると

いつものソリッドな爆音でのスタート!

会場は、いきなりノリノリのフロアに変貌。

 

トイス!」と定番の挨拶。

なぜ、車いすの登場、座った状態での

パフォーマンスなのか気になる観客であったが・・・

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030191847j:plain

 

答えは、ぎっくり腰。

ちなみに、車いすと定位置の椅子は

銀杏BOYZの峯田氏の物とのこと!

 

「事務所が同じでよかった!」のコメントで会場に笑いが。

 

次々とたたみかける名曲の嵐。

観客は、手を振ったり挙げたりと

めくりめく変化に反射神経で対応していく。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030192311j:plain

 

ボロフェスタへの「15周年おめでとうございます!」

そして、来年20周年のポリシックスであることを告げる。

 

「気持ちは、ダイブしている!トイス!」の言葉を後に

「Let’s ダバダバ」で会場はヒートアップ!ハイテンション!!

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030191808j:plain

 

踊りまくれ!さらに暴れろ!と、どんどん盛り上げていく。

ずっとずっと拍手が鳴り止まないフロアをつくりあげたPOLYSICS

 

「また呼んでくれ!次は、ジャンプしたい。ここで!」

最高のボロフェスタホールを後に、車いすに乗って去っていった。

【夜の部】身振り手振り歌声、全てにときめくYeYe

 

可愛らしいお揃いの衣装を身にまとって登場したのはYeYe。

森の妖精なんじゃないかと思うほどのふんわりした雰囲気を身にまとい、

皆の心を和やかにさせる。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030201052j:plain

 

透き通る歌声に、MCのサポートとの会話のテンポの良さ。

夜が深まるこの時間に、YeYeも新鮮味がある。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030201527j:plain

 

まるで宅飲みをしてお話ししながらゆったりうっとりな空間だった。

全国区で注目のアーティストMOROHA 念願のボロフェスタ出演

信州の山深い町の高校で2008年、アフロとUKで結成されたMOROHA。

地上波のテレビで紹介されたり、「出れんの⁉︎サマソニ!?」では曽我部恵一賞を獲得した今大注目のアーティストだ。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030193554j:plain

 

「2011年にモグラさんにお願いします、ボロフェスタ出してくださいと直談判してから5年かかった」という言葉通り、やっと出ることができたという熱い想いが伝わるステージだった。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030193750j:plain

「今日が最強で最高です」というMCの言葉通り、ライブ感のある即興で会場を圧倒した。

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030193541j:plain

穏やかなギターリフに乗せてボロフェスタへの思いを真剣な眼差しで歌い上げた。

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030193614j:plain

絶賛ツアー中のMOROHA、「おー!」と喜びの声が上がるほど対バン相手も豪華ラインナップ!

 

次にMOROHAに関西で会えるのは

1/13(金)@梅田クアトロ/MY FIRST STORY

1/14(土)@京都磔磔/竹原ピストル

1/15(日)@神戸 太陽と虎/フラワーカンパニーズ

 

お楽しみに。

【夜の部】深夜1時のサイケデリック。踊ってばかりの国。

深夜1時を過ぎた頃、ステージに現れたのは、

今年のフジロックにも出演した、踊ってばかりの国

1曲目が始まった瞬間、サイケデリックな音と声に観客も酔いしれていく。

ゆっくりとまわるミラーボールに照らされ、お酒を片手にまどろむような贅沢な時間。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030174756j:plain

 

ゆがむギターの甘いノイズ、身体が勝手にゆらぐようなビート。

そして、下津(Vo&Gt)の、神々しささえ感じる歌声。

目眩がするほどドリーミーな世界。

 

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030174820j:plain

 

締めは、「最高なナンバー用意してるから、朝までさわごうぜ」というMCの後に

披露されたロックンロール!。

下津がスピーカーの上に乗り、天井にぶら下がり、飛び跳ねる。

観客の大歓声に包まれ、ステージを去った、踊ってばかりの国だった。

nim、楽しくてうれしくて仕方がない!

京都のエモーショナル・ロックバンド、nimが

ボロフェスタ初登場。

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030183130j:plain

独自の世界を持つ英詞が特徴的。

サウンドは繊細なタッチながら、力強く迫ってくる。

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030183202j:plain

そして、何よりも、みな、とてもうれしそうにプレイしている!

サウンドから、表情から、すべてで笑顔にしてくれる。

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030183209j:plain

f:id:hanakin_borofesta2015:20161030183220j:plain

楽しくて、うれしくて、最高!